ベビーマッサージ オイル 専門店 オイルドロップス / 看護師が厳選したベビーマッサージ オイル / 実際のベビーマッサージ教室で使用されているキャリアオイルを通販にてお届けします(・∀・)b

  • ホーム
  • > お子様とスキンシップを楽しむオイルって何?ベビマに適しているオイル

お子様とスキンシップを楽しむオイルって何?ベビマに適しているオイル


ベビーマッサージに適しているオイルとは、

どんなオイルでしょうか?


「オイル」といっても、本当にたくさんの種類があります!

ほとんどはじめて聞いたような名前のものばかり。

きっと、あなたは何を使おうか迷ってしまうと思います・・・

わたしも、はじめの頃そうでした。

そんなあなたに、まずは、お伝えしたいこと。

それは、

オイルには大きく分けて「植物性のオイル」「鉱物性のオイル」の2種類あるということです。

「植物性オイル」の中にもたくさんの種類がありますが、まずは、これ知っていれば十分です。

ベビーマッサージで良く使われるオイルは、「植物性オイル」です。

このオイルは、名前の通り、植物から採れたオイル。

ですから、とても自然な栄養価が高く、スキンケアに向いているものが多いのです。
そして何よりも、「鉱物性オイル」とは比べ物にならないくらい、肌への浸透が早いのが特徴。
もちろん、「植物性オイル」の中でも、種類によって違いはありますが、サラッとしています。

まずは、「植物性オイル」「鉱物性オイル」があることを頭に入れておいてください。

オイルドロップスで販売しているオイルは、「植物性オイル」です。
赤ちゃんにも、ママにも、家族みんなに優しいオイルを選び、あなたへお届けしています♪

ベビーマッサージに使えるオイル

アロマテラピーなどでは、エッセンシャルオイルとキャリアオイルの2種類のオイルが使用されます。

エッセンシャルオイルは、植物の葉・花・樹皮・種子・果実から採れた、100%天然のオイルのことです。精油とも呼ばれます。

エッセンシャルオイルは、「揮発性(きはつせい)の芳香物質(ほうこうぶしつ)」でできています。

(揮発性とは液体の蒸発しやすさのことをいいます。蒸発しやすいから香るんですね♪)

この「揮発性の芳香物質」は、その成分が科学的にも証明されていて、たくさんの機能を持った成分です。なので、植物によって、また、同じ植物でも、採る部位の違いによって、香りは異なり、機能も違ってきます。

キャリアオイルは、植物の種子などから採れるオイルのことです。
「脂質」が主成分で、植物油とも呼ばれます。

エッセンシャルオイルを加えて、マッサージオイルをつくるときのベースオイルとなります。
オイルが肌の奥深くに浸透するのを助けることから、キャリアオイル(キャリア=運ぶもの)と呼ばれます。

エッセンシャルオイルを使わず、キャリアオイルだけでマッサージをすることも出来ますので、

ベビーマッサージのオイルには、、キャリアオイルだけを使います。

まだ体の小さいベビーには、エッセンシャルオイルの効果は影響が大きすぎるので、

エッセンシャルオイル(精油)を入れることはお勧めできません。


なぜベビーマッサージにオイルを使うのか

『ベビーマッサージのとき、オイルは使わなくても良いですか?』

はい♪使わなくてもOKです。(^-^)v

ベビーマサージは、必ずオイルを使わないといけないものではありません。

それでもわたしは、ベビーマッサージにオイルを使うことをお勧めしています。

その理由は、3つあります。

理由1 肌への摩擦を防ぐ

いくら優しくマッサージをしても、やはりマッサージは肌を刺激します。
オイルも何も付けないと、いくら弱い力加減でも、肌への摩擦となってしまいます。
すると、不必要な赤みが出たり、かゆみを伴うこともあります。
それを防ぐには、滑りが良く、スキンケアに向いているオイルが最適なのです。

理由2 保湿 

わたし達のイメージする「赤ちゃん肌」は、水もはじいてしまうほどの、ぷりぷり肌ですよね。
確かに新陳代謝が活発なことと、皮膚の中に保湿に欠かせないもの(セラミド)がいっぱいあるので、きれいな肌であることは確かです。

でも、赤ちゃんの肌は、とても皮膚が薄く、水分を守る皮脂の量もアンバランス。
だから、カサカサしたり、かぶれたり、治ったかと思うと、また赤くなったり・・・
きっと、あなたの悩みは尽きないのではないでしょうか。

赤ちゃんの肌を守ってあげられるのは、あなただけ。

簡単に言ったら、「赤ちゃんの肌には、保湿剤が必要!」ということ。
ベビーマッサージで、保湿効果のあるオイルを使うことは、赤ちゃんのためでもあるのです。
スキンシップにもなるし、保湿にもなるし。
オイルを使ったベビーマッサージは、いいことがいっぱいですね。

理由3 皮膚をバリア

肌の役割の一つでもある、バリア機能。
ほこりや、空気中のウイルスや自分自身の汗などから、常に守ってくれています。
ただこのバリア機能は、刺激が多かったり、肌が乾燥していると、効果が薄れてしまいます。

ちょっと、隣にいる赤ちゃんを見てみてください。
頬にはよだれが、オムツの中ではウンチやおしっこの刺激があります。
そして、大人では考えられない汗の量!かなり刺激が多い状態です。(^-^;)

だから、肌の本来のバリア機能が弱ってしまうのです。
そこで、そのバリア機能、補ってあげましょう!
なんと、オイルは、一定時間、肌を守ってくれます。

かぶれや湿疹のない肌を目指すためにも、肌に優しい植物性のオイルで、赤ちゃんの柔らかい肌を守ってあげましょう。

ベビーマッサージで、親子のスキンシップで楽しんで、赤ちゃんの肌にも、もちろんパパやママの肌にもいい植物性のオイル。
もっと、ベビーマッサージが楽しくなりそうですね♪

オイルには大きく分けて3種類あります。

鉱物油

植物油

動物油


・精製技術の進歩

・輸送・保管期間の温度管理

・遮光瓶の必要性の理解


これらが進み、

どのオイルもいいオイルです!


ただ、それぞれ

・オイルの使い心地

・浸透しやすいか

・伸びがいいか

・保湿が期待できるか

などが異なってきます。


この中から、

ベビーマッサージに適してるものを

探してみましょう♪


ベビーマッサージで

使いやすいものは、

・浸透しやすくさらっとしている

・伸びいい

・保湿も期待できる

・添加物がなく、赤ちゃんがなめても安心

・遮光瓶で管理され、温度管理された保管がされている

・ロットナンバーが発行されている


このことを前提に、

ベビーマッサージに適しているオイルを探すと・・・


鉱物油は肌にバリアを作ることに適していますが、

浸透しにくく、ベタつきが残ってしまいます。

ベビーマッサージの後、

わざわざ拭きとるのは大変です。


動物油は保湿力に優れていますが、

全身のマッサージをするには高価ですし、

伸びがイマイチです。


植物油は、何種類もありますが、

伸びがよく、浸透もよく、保湿も期待でき、

赤ちゃんの手先でもほっぺでも、おしりでも、

どこでも気にせず塗れるものがあります!


やっぱり、ベビーマッサージには

植物油がオススメだということを

分かって頂けたかと思います(^^)


次に、植物油の中から、

どのオイルを選ぶか?


植物油には、

・ホホバ(厳密にはオイルではなくワックスです)

・スイートアーモンド

・アプリコット

・グレープシード

・セサミ

・アルガン

などなど、書ききれないほどの植物油があります。


これらのオイルの違いは、

価格はもちろんですが、

先ほどお話した伸びや浸透の良さ以外にも、

・香り

・肌に付けて、かぶれないか

・酸化防止剤や香料(天然のものも含む)が添加されていないか

これが選ぶポイントになります!


ベビーマッサージ専門店のオイルは、

・伸びがよく、保湿も期待できる

・アロマも含む香料を加えていない

・酸化防止剤も入っていない

・刺激が少なく、使いやすい

・ベビーマッサージ以外にも、

家族みんなの保湿剤になり、ママのヘアケア・ネイルケア、

ハンドケアにも使える


こんな理由から

・精製ホホバ

・アプリコット

・スイートアーモンド

この3種類をご紹介しています♪


そして、

遮光管理されていて、ロット番号も分かりますし、

実際に、多くのベビーマッサージ教室で使われ、

わたし自身の教室でも7年以上愛用しています♪

キャリアオイル(植物性オイルの特徴)

1.モイスチャー

 お肌に水分潤いを与えるということ。
 水分潤いには化粧水のような、『水分」を想像しますが、
 実は化粧水はつけた直後は潤っていいのですが、時間が経つと蒸発します。
 その時に、肌の水分まで一緒に奪ってしまい、 逆に乾燥させてしまう場合があるのです。
 植物性オイルは肌が水分をしっかりと保持する働きを助け、
 潤いのあるみずみずしい肌を保持してくれます!

2.保護

 お肌の表面にオイルのヴェールをつくって、 肌を保護してくれます。
 肌を外部刺激から守り、また、肌から水分が蒸発するのを防ぎ潤いをキープします。

3.肌への栄養

 人の体内で作ることはできないけれど、 肌の健康を保つために重要な必須脂肪酸
 (リノール酸やリノレン酸など)を含んでいます。

4.活性酸素除去

 植物油には、活性酸素の生成を妨げる働きもあり、肌の老化を防いでくれます。

オイルの香料について

ベビーマッサージレッスンで、面白い光景をよく目にします。
それは、レッスンで使うオイルをみなさんの手に配ると、
ほとんどの方が、鼻を近づけて香りを嗅いでいます。

きっと、「オイル=いい香りがする!」というイメージがあるからでしょう。

アロマテラピーなどで使用するオイルは、香料が入っていて、とてもいい香りがします。

香料といっても、ここでお話しするものは、天然の香料、つまり精油です。

天然だからといって、すべて体に優しいというわけではありません。
いろいろな効果があって、血圧を変動させたり、ホルモンバランスに働きかけるもの、気分を高揚させたり、落ち着かせるなどの影響があります。
これらを上手に使っていけば、体にも心にもとてもいいものなのです。
ただ、これは大人の話です。

子供、特に乳幼児に精油を使うことは、余り積極的には薦められていません。
それは、精油の体への影響が、まだはっきりとしていないためです。

日本アロマ環境協会では3歳以下の子供が、芳香浴(香りを嗅いで楽しむこと)以外は、薦めていません。
つまり、肌に直接塗ることは、3歳以下の子供には、早いと判断しています。

詳しくは→http://www.aromakankyo.or.jp/about/safety.html

ベビーマッサージで、精油を使うと、どこから体に入るのでしょうか?

まずは、香りとして、鼻の粘膜から吸収されています。
そして、肌に塗るので、皮膚から浸透します。

もう一つ。

赤ちゃんは舐めてしまうのです!

香料の入っていない、植物性のオイルであれば、多少なめても問題はありません。

でも、精油が体に入った場合、どの程度影響するかは未知数です。

わたしは、香料(精油を含めた)の入っていない植物性のオイルを使うことをお勧めしています。

オイルの酸化について

オイルは、必ず「酸化」します。
空気に触れることで、「酸化」するので、これは避けられないことなのです。

実は、人の汗(皮脂)も酸化します。
汗をずっとそのままにしておくと、
かぶれてしまう原因のひとつが、この「酸化」だとも言われています。

キャリアオイルも、もちろん同じです。

ただ、ベビーマッサージをしてみると分かるのですが、
植物性のオイルは、あっという間に皮膚に吸収されていきます。
そのわずかな時間に酸化することは、まずないでしょう。

ですから、オイルの保管方法だけ、ちょっと気にしてください。
そうすることで、一定期間内、そのオイルで十分ベビーマッサージが楽しめます!

ベビーマッサージに使用するオイルは、
保存料の入っていない、刺激の少ないものを選びます。
そのため、保管方法は、注意が必要です。

1. ポンプ式の遮光瓶に移して、出来るだけ空気と触れないようにする。
2. ボトルから一度出したオイルは、瓶に戻さない。
3. 無駄にオイルのふたを開け閉めしない。

添加物の入っていない、安心のオイルを選ぶからこそ、
できるだけ早く使い、空気に触れないように保存することが大切です。

ちょっと難しそうに感じるかもしれませんが、それほど難しいことではありません。

多量のオイルを購入せず、ポンプ式の遮光瓶に移せば、酸化防止策は完了です♪

安心な植物性のオイルをセレクトして、
酸化が進まないように管理して、赤ちゃんとベビーマッサージをもっと楽しみましょう!

ママのためのエッセンシャルオイルの選び方

エッセンシャルオイルによって、値段に幅があります。
それは、その植物から採れるオイルの量がまったく違ってくるから。

例えば、ラベンダーの花150kgから、1kgのエッセンシャルオイルが採れるのに対し、
ローズは、バラの花びら3tから、やっと1kgのエッセンシャルオイルが採れるのです。
この違いが、それぞれのエッセンシャルオイルの価格の違いとなります。

一般的に、あまりにも安価なものには、注意が必要です。
まれに、植物から採れたものではなく、鉱物油に科学的な香りを付けただけのものが、
「アロマオイル」や「ポプリオイル」と表示し、販売されていることがあります。
これは、「エッセンシャルオイル」ではないんです!

ベビーマッサージのオイルについて

『アロマテラピー』

最近、よく聞きませんか?

『アロマテラピーは、わたしのリラックスタイムには欠かせません!』(^0^v

こんなママも多いと思います。

何を隠そう、わたしもそのひとり。

リラックスしたいときや、気分転換をしたいときももちろん、お掃除にも大活躍です!

今ではエッセンシャルオイル・キャリアオイルともに、手に入りやすくなりました。

ショップだけでなく、インターネットでも手に入ります。

インターネットはとても便利。

いろいろなお店を比較できます。

オイルの種類も豊富で、好みで選ぶことができます。

ですが逆に、オイルについて知識がない方は迷ってしまいます。

どのお店で買えばいい?

オイルの種類は?

産地は?

品質は?

抽出法は?

価格は?

オイルの保管環境や輸送の時間は?

信じられないかもしれませんが、オイルはそれを取り扱っている“人”のパワーも大きく関わってきます。

これではちょっと判断に困ってしまってしまいますよね。

安全性も様々です。たとえば、オーガニック。

オーガニックとは、有機栽培で農薬を一定期間使用せずに育てた植物の、判断基準です。

もちろんオーガニックのほうが高価で、安心感があると思います。

「オーガニック」であることを証明するための認定基準もあります。

ただ、認定書を取得するのに費用と時間がかかるため、証明を申請せずに価格を抑えているものもあります。

有機栽培はしているけれどオーガニックとは表記していないオイルもあるということ。

また、オーガニックといっても、「厳密にはこの地球上で完全なオーガニックなど存在しない」という考え方もあるくらいなんです。

つまり、わたしは「信頼できる業者さんかどうか?」コレに尽きると思っています。

実は、ベビーマッサージ教室を開く際、わたしもオイルについて迷ってしまいました。

「赤ちゃんには、品質のいいオイルを使ってあげたい!」 そう思い、いくつかのメーカーのオイルを取り寄せ、実際に使ってみました。

でも“信頼できるオイル”はなかなか見つかりませんでした。

アロマセラピストの友人・知人に相談もしました。

そして勧められたオイルを使ってみる、この繰り返し・・・。

数十社、オイルの業者さんに相談の問い合わせもしました。

そんなある日、ひとつの業者さんから一通の返信メールが届きました。

そこには、わたしの質問に対する返事が事細かに書かれていました。

そして、ご自身の経験、ご自分の子どもに使ったときの感想まで書かれてありました。

以前からこの方のオイルへのこだわりや考え方に共感していたこともあって、この一通のメールをきっかけに何度も連絡を取り、『信頼できる』と感じました。

やっとあなたへおススメできる、お手ごろ価格なオイルが見つかった! そんな嬉しい瞬間でした。

あなたの大切な赤ちゃんに使うもの。

あのプニプニした、やわらかい肌から吸収されるもの。

だからこそ、シンプルで上質なものを選んであげたいものですよね。




安心のクレジットカード決済 コンビニ決済 後払い.com
当店のオイルを使用頂いてる教室をご紹介

メールマガジン




どんなメールが届くの?

メルマガバックナンバーはこちら ←クリック

モバイルショップ

    QRコード

カレンダー


    TEL 044-328-5652

    受付時間 10:00〜15:00

    ※ご注文は24時間受付けております